上り屋敷

江戸時代、徳川八代将軍吉宗公が狩場の休憩所をこの辺りに設け、これを「御上り屋敷」と呼んだところから地名と成ったと伝えられています。上り屋敷公園が目印です。目白と池袋の中間にあって都心にいることを忘れるような静かな住宅街にあります。漆喰壁と和風空間のギャラリーです。




facebookろご.pngfacebookろご.png